大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


まちづくりの 参考エッセンス

投稿日時:2013/05/31(金) 21:17rss

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


「町並みグッドデザイン賞にも選ばれた場所があるから、見ておいでよ。」

同時期に2人から情報をいただいたので、行って来ました。


御徒町から秋葉原までの高架下。


201305312148_1-300x0.jpg

「看板にも2K540とか暗号みたいなコトしか書いてないから見過ごすよ、コレ」

「だけど、白が基調って、汚い、臭い、狭い、高架下のイメージ払拭するよね」



201305312148_2-300x0.jpg201305312148_3-300x0.jpg
201305312148_4-300x0.jpg

「いきなり、ガチャガチャも白!統一感ハンパないね。コンセプティーだなぁ~」

「なにそれ?コンセプてぃ~って」

「この空間、この場でしか存在し得ないもの。ここだからこそのものをちゃんと選んでるってコト。売れ筋だからって、ここではナメコのストラップのガチャガチャ置いちゃダメなんだよ。現実に戻しちゃダメだから」

「ふふーん、徹底しないとダメなんだね。ディズニーランドと同じ理論だね。」


201305312148_5-300x0.jpg

「キレイで、幻想的だー」

「この狭さがいいかもね」


201305312148_6-300x0.jpg

「桐たんす職人の直営かあ。」

「桐たんすって余り馴染み無いけど....」


201305312148_7-300x0.jpg

「桐たんすと関係ないけど、コレッ欲しいな。買いやすい価格。」

「同じ世界観や、桐タンスのあるライフスタイルから外れない様な商品が売られるのはアリだよね。それに、最終的には桐たんすが欲しくなるかもね。」


201305312148_8-300x0.jpg

「このお店、何の店だろう?ふとん、和紙、まくら?よく分からない」

「看板に、何か書いてあるよ。」


201305312148_9-300x0.jpg

「そっか、ちゃんとテーマがあると、納得するね」

「あっ!あっちにカワイイ店が!」


201305312200_1-300x0.jpg201305312200_2-300x0.jpg

「お菓子屋さんみたいだけど...あっ!皮小物だ!」

201305312213_1-300x0.jpg
201305312213_2-300x0.jpg

「おー世界観あるねー。お菓子の国だあ!」

「クッキー型の皮のキーホルダーに名前を入れてくれるんだね。カワイイ!包装紙も入れ物もお菓子用のだね。何だか新鮮に見える。」


201305312213_3-300x0.jpg

「こういう共通キーワードを設けてるんだね。
あえて、こうして表現されていると、意識して見るようになるね」


201305312213_4-300x0.jpg

「これって、あの高級窯元だよね。ひえーとても買えない。
あっ、でも見て!店頭に!」


201305312213_5-300x0.jpg

「ワンコインなら買える!嬉しい!」

「さっきから見ていて気づいたんだけど、どの店も、必ず自分の極めつけの専門分野でのワンコイン商品を売っているよね。まず、その身近な商品で、良さを感じてもらえるよね。」

「フロントエンド商品ってやつ?」

「そう、本当に売りたいものがあってこそ、こういうフロント商品が最初の入り口として生きるんだよね。」

「どういうこと?」

「お客様が何を知れば(何を伝えれば)、商品の本当の良さを感じ取ってもらえるか、それをこの500円のサービス商品に盛り込むには、何を最終商品として買っていただきたいのか決めていにと、伝えなくてはならない事が曖昧になるからね。」

「ふーん。なんでも安いもので引付ければ良いのかと思っていたけど、ちゃんと計算してるんだね。」

201305312232_1-300x0.jpg

「おっ、ゆるキャラみたいなものもあるんだね(笑)外せないね、やっぱり」

201305312232_2-300x0.jpg201305312232_3-300x0.jpg

「職人さんがいたり、専門店らしいディスプレイをしていたり、面白みを発信してるねーいいねー」


201305312232_4-300x0.jpg201305312232_5-300x0.jpg

「こういう、奥行きを見せられると、興味湧くよねー」

「案外、業界の人達は、当たり前だと言って情報発信しないんだけどね。この発信こそが重要なんだよね」

201305312232_6-300x0.jpg

「木工教室、いいなー」

「あの講師やってるおじちゃんって!!もしやあの有名な!?すげー」

「はー歩き疲れた、一休みしたい。」

「おっ!やなか珈琲店じゃないか!さすが。」

201305312232_7-300x0.jpg201305312232_8-300x0.jpg

「230円で至福のひととき。おいしいー。」

201305312232_9-300x0.jpg201305312232_10-300x0.jpg

「雰囲気も、おいしさも、ばっちりだね。キモチ、よく分かってるなー」

201305312232_11-300x0.jpg201305312232_12-300x0.jpg

201305312232_13-300x0.jpg

「さすが、グッドデザイン賞。町並みの斬新さだけじゃなくて、マーケティングも、歩く人のキモチも汲み取っている2k540でした。」






 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
327b661401ed5822cfb28f0140f90bc5.png?1537297981
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

東京都世田谷区出身。 25歳で青森県の津軽に嫁ぐ。津軽弁もまったく聞き取れず、友達もゼロからのスタート。 銀行員の夫の転勤先々で地元小売店の販売促進を手がけ前年比400%などの立て直しに成功し、 中小企業支援センター所長に指導講師としてスカウトされる。青森県各支援機関の専門家として活躍。...

詳細へ

個人プロフィール

東京生まれ。小中静岡でのびのびと育ち、高校から再び東京で熟成。21歳大学在学中に「社長」の空気を吸ってみたくなり、「MEDIAMaker(メディアメーカー)」を立ち上げる。「就職人事部長レポ」「男を上げる渋谷バー」など、「今すぐ必要な情報だから買わないとヤバい」コンセプトの自主メディアを作り現...

詳細へ

<<  2018年9月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧