大きくする 標準 小さくする

2013年06月04日(火)更新

青森特有の仕事の流儀


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。



青森県でする仕事には、特徴があります。

「暮らし」と「仕事」が密着しているので、関わった人との公私の境が殆どありません。

相手もそれで信頼を抱いたり。

私の場合、特に、子どもが小さかったときは、クライアントの社長の奥さんが、赤ちゃんだった娘を

シッターしてくれている間に打合せをしたり、誕生日ケーキを届けてくれたり、理解とかいう大それた

事ではなくて、公=私の壁が無いだけの感じ。

そんな青森の仕事の空気感をお届けします。


青森で良くある風景「自分の大切な物、手塩にかけたものをプレゼントし繋がりを深める」

201306042322_1-300x0.jpg

これ、本物の木?

201306042322_2-300x0.jpg

林檎のワンポイント、Macと同じだ。

201306042322_3-300x0.jpg

こんな風に名刺を入れると、シャッっと引き出しが開きます。

これ、なんと木工職人ではなく、事務局長が設計から加工まで手作りした逸品。

「これ、ひとつづつあげるから。」

Webデザイナーの木村さんとお揃いでひとつづついただきました。

これは、いわゆる三国志で言う「桃園の誓い」

木工業界活性のために、一肌脱ぐ、禊みそぎ(笑)



青森で良くある風景「ちょっと時間が空くと、観光体験」

夕方からは、外ヶ浜でMapづくりの打合せ。

ちょっと早く到着したので


201306042332_1-300x0.jpg

駅前のウェル蟹に立寄り

201306042332_2-300x0.jpg

一匹まんまの新鮮な魚を横目に見ながら

201306042332_3-300x0.jpg

シャモロックバーガー160円。

小腹が空いたので、購入。


201306042332_4-300x0.jpg

OK!変なものナシ。

201306042343_1-300x0.jpg

ちょっと小ぶりだから、これじゃあ足りないので、

もうひとつ。


201306042343_2-300x0.jpg

大豆と、たけのこと、ネギの天ぷら。

車中でおいしくいただきました。

基本的にマクドナルドなどのファストフード店はないので、

ちょっと時間がある、小腹が空いた

そう言うときは、観光客と同じ足取りで特産品で小腹を満たし、

海辺や山頂でりフレッシュ。

これが青森の仕事のフツーの流れ。




どこへ行っても、ちょっとした地元産が食べられて、

誰と仕事をしても、みんなハートで関われる、

だから、精一杯報いられる様に関わること

それが青森の仕事道です。

だから、青森でのしごとは、大好きだし、いつも真剣勝負です。