大きくする 標準 小さくする

2013年08月07日(水)更新

青森の、すごい経営者その1。本当に、全く...往生際が悪いよ!ってほど、諦めない人。

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


お仕事をして、深く係わって素顔を知っても尚、尊敬する経営者の一人に、

青森県で1番の税理士事務所でもある、若山経営の若山恵佐雄先生がいます。


とにかく、全く諦めない、

十分な立場もあるのに、素直、まっすぐ

若山先生を見ていると、「脱帽」するというのはこういうことかと実感します。

201308072256_1-300x0.jpg

税理士がコモディティ化し、士業なのに係わらず、価格競争も激しくなって来た中、

生き残りと、新しい存在感が必要になりました。

決算報告書づくりを仕事としている税理士事務所は、

今に、顧問料が格安のインドに席巻されるか、パソコンに取って代わられるでしょ

う。

そんな税理・会計士事務所が、生き残りを余儀なくされている時代。

そういう厳しい時代にあっても、

若山先生は頭の中が自由人。

「顧問先は、本来5年に1度変えた方が良い。同じ所とずっとつき合っていては、

会社経営の刷新にもならないし、同じ無難な決算書を作る方向に依存する。」

こんな、自分の首を絞めるような発想を持っています。


業界常識や通念にとらわれず、自由な発想。そして、いつもお話ししていて感じ取

れるのは「自利利他」がベースにあること。

この発想ベースが故に、普通は考えつかない、すごいしくみに軌道修正してし、今ま

さに大成功しようとしています。



若山先生が開発したのは「戦略参謀」という経営支援ソフト。

201308072256_2-300x0.jpg


そもそも、Map経営という、数字を根拠に、経営診断し、事業計画を立てるしくみの普
及に係わりながら、
「自分の会社の、現状把握」→「あるべき姿を見つけ出す」→「現場のPDCAに落とし込み、現場を管理する、認識を共有する」経営を良くする全ての要素を一気通貫
できる概念を「戦略参謀」というソフトで形になりはじめたのが3年前。

最初は、このソフトの存在は、他会計事務所との差別化、競争力になると誰もが考えました。
だから、お互いの商売を陥れたり傷つけるようなことは出来ないと、県外での普及活動を続けていました。

しかし、若山先生の「自利利他」は本物です、
会計事務所がより顧問先との信頼関係を深め、そしてもっと良い経営に導ける様に、
会計事務所のためのソフトとしてコンセプトを修正しました。

企業向けの説明会には、「現在の顧問会計士と一緒に会場にいらして下さい」と。

201308072256_3-300x0.jpg


私は当初から係わってきたので、一連の流れを見てきました。

「普及するわけない。」

「青森から発信したって、無理だ」

「こんなに時間のかかることやって、諦めた方が良い」

こういう声は絶えず周りにありました。

しかし、全く、諦める、辞める素振りも無く、

本当に一生懸命に、普及のためのセミナーに全国を飛び回っていました。

そのスピードと、モチベーションが下がることが全くないまま2年以上が経ちます。


そして、様々な試行錯誤と時間(命)とお金の投資をしながら

ようやく今、大きく爆発的に成功を収めようとしています。

一昨日、超多忙の合間を縫って打合せを兼ねて、若山先生に会いに行きました。

「ようやく収穫できそうだよ。」

「種まきはどのくらいしたんでしたっけ?」

「それは聞かないで(笑)」

にこやかに、こんな会話をして、穏やかなオーラをまとっていますが、

その芯の図太さというか、信念の重厚感に感動します。

こういう経営者と、仕事ができる喜びは、何にもかえられない、お金じゃ買えない財産です。
そして、子どもたちの未来を変える、素晴らしい影響力を持つ、地域の財産だと思います。



若山恵佐雄先生


application.pdf
201308072256_4-300x0.jpg