大きくする 標準 小さくする

2013年07月23日(火)更新

セミナーと無縁な人達へセミナーしました


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。

余りの忙しさに、ちょっとブログサボってしまいました。お久しぶりです。


青森の木工に係わる若手を応援したい!

という、知人からのご依頼で、

木工関係者向けに2回のセミナーを開催。

昨日はその1回目でした。朝10時から夕方5時までの長丁場。

イベントやオープンが重なり予定参加者数15名のうち参加者は9名。

ざっくばらんに濃く係われる、良い人数です。

若手応援と言っても、この業界、ベテラン年配者が多いのが特徴。

201307282241_1-300x0.jpg

最初は自己紹介から。

私のセミナーの自己紹介は、単なる場を和ませる意味ではなく、後のテーマに繋がっ

てくるので、観察重視、見逃せません。



ベテランの職人さん、照れるかなと思いきや、

最近の良かったことを話す場面では、皆さん生き生きと仕事に係わる話しをしてくれました。



さて、途中、

自分の夢、志を書く場面があるのですが、

もすうぐ70歳になるという、業界で有名な職人さんが

「苦しまずに、コロッと死にたい」

なんて書いてあるので(笑)

すかさずツッコミを入れました。

でも、皆さん、真剣に書いてくれています。

....携帯で漢字を調べながら(笑)

漢字なんて書くと思わなかったよ。と文句を言う方。

なんて、職人さんらしさがこんなひとコマからも感じられます。

201307282311_1-300x0.jpg


「苦しまずに、コロッと死にたい」
に対しては、

「今は人生100年なんだから!まだまだ夢語らなきゃ、生まれて来たことにバチが当たる!ダメダメ!」なんて、私が口答で言ってもからかってるとしか思われないのですが、このワークは、6つの枠にお題の自分なりの答えを書いてもらい、そのうちの1つに、参加者全員から、その人に向けてひと言コメントを書いてもらう枠があります。

今日は参加者が9名なので、自分以外の8名からコメントを書いてもらうことになります。

毎回このワークをする度に感じるのですが、
人って温かいなと、心が温かくなります。

特に今日は同業界の大先輩から若手までが揃って混ざってのワーク。

一体何を書かれるのか!?
ダメ出しを書かれるのか!?

いやいや違いました。

201307282311_2-300x0.jpg201307282311_3-300x0.jpg

それは、同友からのエールであり、先輩からの温かい目であり、励まし、尊敬のひと言であり...皆さんが書き込んだ紙を見ているうちに、胸が熱くなりました。

異業種や、起業者向けに開催することが多かったのですが、

同業種向けに開催すると、心の交流が出来ていいのかも、と、密かに感じながら...

休憩タイム。

201307282311_4.jpg

ホールで猿回しがっ!カワイイ!

201307282311_5-300x0.jpg

夕方5時に終了し、懇親会に参加。

ベテラン組談。

「ウチらは、中学やっと卒業してそのままこの道に入ったから、勉強する機会なんて今までなかったんだよ。だから、今日、書いたり発表したり大変だったけど、楽しかった。」


目標や目指すものを持っている若手組と、

頑なベテラン組の交流でこの業界が元気になれるよう、

2回目は、もっと更に、貢献出来る内容にしたいと思っています。







 

2013年07月19日(金)更新

誰もが最初に思い出すインパクト


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


昨日は青森、県南方面の仕事で

田子~三戸~八戸で打合せ。

人生を揺るがすサプライズもあり、5回くらい涙があふれる場面も。


田子町。

にんにく生産は青森県が全国の80%を占めています。

以前は田子町が生産量日本一でした。

現在は十和田市にその座を明け渡してしまいました。



しかし!!

にんにく、と言えば今でも、誰もが田子を思い出します。

だから、未だテレビ取材も多く、ビジネスインパクトを与え続け、大きな経済効果があります。


なぜでしょう?それは....

201307190909_1-300x0.jpg


町に辿り着くと出迎えてくれる看板の上には巨大にんにく。

201307190909_2-300x0.jpg

観光館的な「ガーリックセンター」はその名の通り、にんにくセンター
お土産も、レストランメニューも、ソフトクリームも全てにんにく

201307190909_3-300x0.jpg

建物もにんにくのカタチを、アメリカの建築士に設計してもらったそうで、

201307190909_4-300x0.jpg


子どもたちも、アメリカのニンニクの町ギルロイ市と提携姉妹都市になり、
交流があります。
だから、子供の書く画もにんにく。
町のイベントも、にんにくまつり。


そして、道の名前もギルロイ通り
201307190909_5-300x0.jpg

その道を見上げれば、電灯もニンニク。

201307190909_6-300x0.jpg
素敵な図書館の入り口に?!

201307190909_7-300x0.jpg
笑)これ、掘り起したにんにくの状態。
コレが本来のにんにくのカタチ。

バス停留所も
201307190909_8-300x0.jpg

看板にもにんにく王子?!

201307190909_9-300x0.jpg

201307190909_10-300x0.jpg
田子では、まち行く、誰に聞いても、小学生でも、
「田子町で自慢できるものは?」
と聞けば、
「にんにく」
と答えます。
201307190909_11-300x0.jpg

だからこそ、未だにんにく日本一は田子なのです。

ブランディングの基本。

可視化されているので、テレビの画的にも分かりやすい。
だから、メディアが取り上げる。

メディアに取り上げられる効果は絶大です。


ソフト、ハード的に、田子町は
ブランディングのお手本です。

もし、「○○の人」「○○の町」と呼ばれたいなら、
田子をそのまま、真似すれば良いのです。

でも、おろそかにしてはいけないのは、
関係者が勝手にハードだけをそろえても、
田子町のにんにくが子どもたちに浸透している様に、草の根に浸透していない内容は、いつか、煙のように消えて行きます。

だから、田子町のように、
おまつりで、海外で、交流し、思い出を作り、子どもたちが心底理解し、
共有できる、ソフト面を大事にしないと
うまくゆきません。

周りを見渡すと余りにも、一部のひと達だけの、予算だけ非効率に使って、
誰も知らない、特産品や地域活性ネタが多いですが、

ここに、こんなに身近に、お手本があります。









 

2013年07月18日(木)更新

さすが強運!ねぶた運行


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


8月は青森県内、各地で

青森ねぶたまつり
弘前ねぷたまつり
五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)
八戸三社大祭
平川ねぷたまつり などなど

一瞬で終わる短い夏を謳歌しようとエネルギーを爆発させたお祭りが続々開催されます。

その先駆けとして、弘前の風物詩として行う、

弘前高校のねぶた運行

伝統ある弘高生の特権だそうで、私は県外育ちなので分かりませんが、

南高校出身の夫にとって、学生時代この弘高の特権行事は忌まわしい1日だったそうです(笑)

しかし、去年愛娘が弘高に入り、まるで自分もOBかの様な、夏の肝いり行事となったそうで、まあ、ハッピーエンドとしておきましょう。

実は、当日は雨予報でした。
前日の会議でも、
「明日は、確実に雨だびょん。」
「うち、ねぶた運行だ。」
なんて会話が出ていました。

しかし、日中は蒸し暑い天気。このまま晴れてくれ!と願いながら、

201307180050_1-300x0.jpg

201307180050_2-300x0.jpg

娘と友人は、私の知人に着付けと髪セットを格安でやっていただき
腹ごしらえをして
いざ会場へ

201307180050_3-300x0.jpg

201307180050_4-300x0.jpg
特に1年生は、初のねぶた運行。
これのために入学する子もいるらしいです。


テレビ局も取材に。

201307180050_5-300x0.jpg

201307180050_6-300x0.jpg
校長先生、教頭先生が先頭に。
背が高く
体格がいいので、キマってます!
201307180050_7.jpg


おー来た来た!楽しそうに前を通り過ぎて行きました。
その後から来るねぶたを見てびっくり!


201307180109_1-300x0.jpg

画付けが、独特ですごいインパクト!

201307180109_2-300x0.jpg

他のねぶたと細部の画付けが違う。
そうそう、さっき、娘が話してました。
漫画家志望の男子がいて、昨年もすごい画付けで銀賞だったと。
今年はその子と同じクラスでラッキー。
しかも、今日のおまつりが終わったねぶたは、各地の地域や町内会が2、3万で買ってくれるのですが、既に買い手が殺到しているらしい。

すごい。

弘前のメインストリートを1周し、
高校へ戻るねぶた。

201307180109_3-300x0.jpg


あれっ?!雨?
と、思いきや、
みるみる間にザーザー振りに。

災難?
いえ、いえ、すごい強運。
雨だ中止だと騒がれたねぶた運行。
1年で一番の思いでをきちんと履行して、あとは、濡れても転んでも良いとなった最後の最後に突然の本降りです。

みんなびしょ濡れ。

忘れられない良い思い出ができたでしょう。


201307180109_4-300x0.jpg

2013年07月14日(日)更新

やっぱりプロ。でした。坂田公太郎氏セミナー


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。



全6回で青森の商売をガラリと、圧倒的に良くする

劇的セミナーの第一回が昨日無事に終了しました!

201307150023_1.jpg

爆発的モチベーターの肩書きを持つ坂田氏。



具体的に、自分が何をしたら爆発的に変われるのかが分かった、

素晴らしい内容でした。

セミナーが終わった直後から、参加された皆さんが、私の元へも来てくれて、

「企画してくれてありがとう、自分にとってこのセミナーは...」

と、自分なりの感想を話してくれました。

「本当に、自分に必要なセミナーだった、呼ばれたんだと思う。」

そう言っていた方もいました。 


以前、青森で開催した土井英司さんのセミナーの時と同じ現象です。

充実感を得ると、講師以外にも誰かにその充実感をシェアして下さるのだなあ、と、気づきました。

201307150102_1-300x0.jpg

参加者は24名。

坂田さんのセミナーは、途中途中で何度も、ひとつのテーマで「グループで話しをしてみて下さい。」という3分程のトークタイムがあります。それが良かったという方もいました。

このグループトークで、会場の場がすごく和みます。
緊張感が溶けて、すごくいいのです。

私も、月に1回ほどですが、セミナーをしますので、
コンテンツそのものだけではなく、こうした傾向を観察するだけでも
とても勉強になりました。

坂田さんは、ほんとうにプロです。

自信と確信を持って、堂々と、そして濃い内容を、ほんとうにかみ砕いて分かりやすく話してくれました。



セミナー後、懇親会への参加希望者も増え、
スッポンコースで、ゲラゲラ大笑いの楽しい懇親会。

201307150102_2-300x0.jpg


201307150102_3-300x0.jpg


坂田さん!本当にありがとうございました!
参加者のみなさん、ありがとうごさいました!
事務局の浅利さん小松原さん!ありがとうございました!

お疲れさまでした!





 

2013年07月12日(金)更新

身近に潜む、あなたの店に来ない理由

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。

201307122343_1-300x0.jpg


消費者としての自分のことは棚に上げて、売り手になると軽視しがちな

「お客様が、お店に来ない理由」

特別なことがない限り、お客さまはお店に来てくれると思っている。

でも、それは大間違い。

・行こうと思った途中で、トイレに行きたくなり、トイレのある違う店に行ってその店に来なかった。

・行こうと思っていたけれど、携帯に子供からのメールが来て、急いで帰ることにした。

・行こうと思ったけれど、右折車線に入れず、断念した。

・行こうと思ったけれど、ラジオを聞いているうちに、やっぱりやめた。また今度でいいや。

・行こうと思っていたけれど、あっ!そうだ!他のことを思い出して直走。


そう、ほんの些細なことで、お客さまは、あなたの店に寄らずに行ってしまうのだ。

そして、コワいのは、お客さまが来なければ、決して、売上げにはならないというこ
と。ネットでも同じようなことが言える。

売上げを得るには、集客が必須で、それには、ちゃんと戦略としかけが必要。

コレがないと、今日一日を暮らせないという商品やサービスでない限り、

上に書いたような些細なキッカケで、お客さまは、お店から遠ざかる。


動機は瞬間的な勢いと、

人間心理を考えた緻密なしかけ、両方から成り立つ。

だから、商売に寄って、どういう特性が考えられるかで、宣伝方法や、情報発信方法は変わる。


たとえば、人間心理の法則のひとつにザイアンス効果というものがある

接触頻度が高い程、人は、その対象物に愛着を持つというもの。

芸能人でたとえてみると、

あまり好みじゃないけれど、最近見かけるよね、から始まり、CMで何度も目にするうちに、夢に出て来て、大ファンになってしまう。なんて事経験ありませんか?

これも、接触頻度です。

お店も、情報も、沢山発信すればするほど、

お店に来店すればするほど、愛着がわく、ファンになる、のです。


そもそも、来店してもらうには、集客というエネルギーを使う作業が必要。


集客を軽視してはいけないのです。

いくら素晴らしい人が、素晴らしいサービス、素晴らしい商品を売っていても、

それを思い出してもらえなければ、

存在しないに等しい。


しかし、大抵の場合、簡単に考えている。

「うちの店は、美味しいからね。」

「うちの店は、素敵だからね。」

う~ん、困った(苦笑)。














 

2013年07月11日(木)更新

かわいそうな(笑)息子

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


中学生になった息子の2回目のテストが帰って来た。なんと!学年2位。

201307112152_1-300x0.jpg

全く勉強してる素振りがなく、いつ見てもゲームしていた息子に

まず最初に心の中で思ったのは「えっ!まさか、カンニングじゃないよね。」

何とも可哀想な息子。

更に、夫が帰ってきて、息子に言った第一声は

「一位じゃないのか、惜しいな。」だって。

はぁ~。


一位の女の子とは一点差だそうで、息子もさぞ悔しかっただろうけど、

親からも頑張りがいのないひと言を浴びせられ....。可哀想な息子。


昔、塾の先生が言ってました。

「点数が悪ければ怒られる、でも良ければ良かったで、もう少し頑張れなかったのかとダメ出しされる、子どもたちをぜひ、褒めてあげて下さい」

と。

確かに。だから

帰って来た息子に、言ってみました。

「よく頑張ったね、すごいね!」

息子から返ってきた答えは、「なに?気持ち悪いよ」。

‥‥彼には、もう免疫が出来てました。






 

2013年07月09日(火)更新

プロとして提供する商品は均一品質じゃないとだめ?

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


「わいはー!昨夜も気絶送信ボタンで、変なメール届いてらよ。」

※気絶送信ボタンとは、強烈な睡魔が襲って来る1時半くらいに、
やりかけのデザインなどを、ほぼ9割脳が眠った状態で、モウロウにまかせて送信してしまうこと。
たまーに事情を知っているお客さまや、印刷会社から、朝イチ電話で「気絶送信してるよー」と電話がある。


201307090918_1-300x0.jpg


Giro「昨夜の気絶タイムは1:30から約12分」

other「よく仕上げて送ったよ。えらいえらい」

って!それでお金を頂いているんだから、当たり前です!

そう、最近思うことがあります。

マクドナルドは、お客さまに同じ品質を提供するための、調理マニュアルと機械導入
で均一な品質を保てるしくみを作っています。

しかし、パン職人の友人の口癖は、

「同じ配合、レシピでも、職人で味が変わる」

だけどそれは、パンの世界の奥行き、面白み。同じ味になったらコンビニや山崎パンだし。でもそれは、主体者の1人では均一を提供出来なければなりません。

不味い日と美味しい日があったら困る!

ちなみに、命を預かる病院は、看護側のパーソナリティーで看護品質が変わらない様に、指針行動マニュアルを設けています。

性格悪いから、針の差し方が乱暴、とかでは困るから。

会社の人の質の統一化の傾向を見ると、
荒れている高校は校則が厳しく、上位校は自由、みたいな部分も感じます。

女性は仲良し倶楽部感覚で仕事をする事も多く、「好きか、嫌いか」で仕事の質が変動。雇用側はたまったもんじゃないけど、これは女性の性、特徴だから、正論では難しい。ワークフローや、システムでカバーする必要があります。



私自身の事を言えば、

昨日は、午後クライアントさんの新店舗の内装打合せでした。

いつもの係わり方とちょっと違うので、

「う~ん、これでいいのかな」

相手に、どの程度ビジネスメリットを提供出来るか戸惑う場面もある仕事です。


というのも、私の場合、品質は、毎回変わります。

1つは、相手が代わり、相手の要望、意識や成熟度、係わるスタンスが違うから。

もうひとつは、私の経験値の足りない部分。

未熟な部分は日々勉強で私が成長するしかないのですが


相手が変わる事による、提供基準が変化する事に関しては、

ひとつの突破口として、お客さまと最初の打合せ時、

「約束」をしようかなと考えています。

どうなりたいか?

何を叶えたいか?

どこまで成長したいか?

個々に違うお客さまなりのイメージやプランを実現させる事が

私の仕事かな。と。



また、ただいま

均一で確実ななクオリティを提供する分野を構築中です。

今日、明後日は雇用予定の方と話し合い。

お客さんにとって良くなるために変化します。











 

2013年07月04日(木)更新

生まれた日に、命を使う場所


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


7月3日はわたしの誕生日。

両親とご先祖さまに感謝しつつ、わが家では、当日の誕生パーティーはしないのが常。

私の方針は、「原点の1日には、感謝すべき大切な人達に命を使う」

家族は日々、お互い助け合って暮らせるから、

自分の原点である誕生日には、他の誰かの役に立つ1日にしようというものです。


そこで、10年来のクライアントさんで、今、人生を含めた転換期を迎えている社長さ

んに会いに、浪岡から3時間の八戸へ行って来ました。

私の仕事のスタンダードコースを時系列で軌跡をたどります(笑)

7時に家を出て、
9時、おいらせ町ケーキの「ヒマラヤ」着

「来るの早過ぎ!」で、友人のパティシエ新館恵出社待ちコーヒー2杯

201307040833_1.jpg

ほどなく出社。1時間ほど盛り上がり、共通の仕事仲間と電話で話し出発!

仕事で腐れ縁お世話になっているK.K氏から電話で「おめでとう!」と一報。

「こんな気の効いた電話してきて、頼み事ですか~?」と言いつつ嬉しい!

ありがとうございます!


11時アポイント、販促会議。

201307040833_2-300x0.jpg

素晴らしいチームワークの会社。

商品名や、社員採用などなど、何かを決める時に社長がやっている重大な秘密を知り驚愕!!!へぇ~

201307040833_3-300x0.jpg

担当スタッフと13時過ぎ、最後の打合せのひとコマで、ヒントが見つかりました!

201307040833_4-300x0.jpg

ヘルシー5!(ファイブ)という女性チームのプロジェクトに私も加わっているのですが、左上、「こ、これ私ですか?」どこかのアナウンサーみたいに、キレイに描かれ過ぎで、実物と違うとクレームが来ないかコワいです(笑)

移動中、動画が届き、私への誕生日メッセージが!

きゃー!!感激!!びっくりして、運転しながら泣いてしまいました!!

ありがとうございます!!

そして1時半からは

201307040833_5-300x0.jpg

看板も出来上がり、

201307040833_6-300x0.jpg

その前に手がけたワインコーナーリニューアルとの一貫性が出て来たお店。

ここの社員さんもチームワークと実行力がすごい!

201307040833_7-300x0.jpg

お昼まだですと話したら、用意してくれました。ありがとうございます。

担当者でもあり、素晴らしい感性の持ち主である泉さんの

「これが無いと生きて行けない!」シリーズを紹介

風味があってオイシイ~を超えるバター。

合わせた素材の持ち味を引き出してくれるそう、トーストにのせて、ワインのおつま

みにそのままでも食べているそうです。

201307040833_8-300x0.jpg

201307040833_9-300x0.jpg

私も今、水に凝っているのですが、紹介されて、出していただいたこの水、

おいしい!!!

仙台でワインの仕入れのための商談会で、試飲のリセット水として出されているこの水を飲んだら、余りに美味しくて仕入れたそうです。

イタリアの、あの、食文化を築き上げたメディチ家の保護区で採取された水だそうです。

最後はこれ、
201307040833_10-300x0.jpg

泉さんらしいエピソード、

白ワイン8本を順番に試飲し、手元に配布されている紙にオイシイ!と感じ仕入れを決めた商品に「はなまる」を記入していた泉さん、

最初の3本全てはなまるだったそうです。

しかし、5本目のこの写真のワインを飲んだ瞬間!

「これはスゴい!おいしい~~~!」

もう、別格だったそうで、慌てて前の3本のはなまるを消して三角に変えたそうで、

確かに見せていただいたペーパーにはなまるを消して、慌てた様子で三角が描かれていました(笑)

泉さん、高谷さんと打合せすると、いつもあっという間に半日経ってしまいます。

5時に終了し、店長さんたちの顔を見に、現場へ向いました。

201307040902_1.jpg

元気そう!転勤で、このホープ店長二人が同じ店の店長と副店長に!!

「仲良くねー!!」

201307040902_2-300x0.jpg

売り場づくりも工夫していてSo good!!

また来ます!

201307040902_3-300x0.jpg

先ほどの店から1分のところにある「ルーブラン」

八戸の人気店です。

「マスター!お腹空いてもうダメー先に何か食べさせて~」

今月の限定コース(1,580円)を注文し、

余りの空腹に写真撮り忘れ、

余りの食欲に、マスターも笑ってました。

201307040902_4-300x0.jpg

201307040902_5-300x0.jpg
201307040902_6-300x0.jpg

今日は特別な日なので、コーヒーではなくコレ。

201307040902_7-300x0.jpg

すごいスピードで完食後、お客さまが来るまでの40分ほど

今後のしくみづくりの打合せをしました。

ルーブランさんは、夫の仕事の取引先で、家族ぐるみでお付き合いし、助けられるこ

ともあるパートナーシップを感じるお店です。

転換期の今、の心境を聞き、今後を話し合いました。

201307040902_8-300x0.jpg

おおとり!

トラサバ棒寿司、名物板長!谷口圭介さん!!!

と、表には出ないけれど、土台となっている奥様。に、打ち合わせかねて会いに行きました。

トラサバさんも、行くと泊まりがけの勢いでいろいろな話しを聞けるので、毎回用事がなくても寄っています。

途中、中学時代の同級生だったという(驚きの繋がり)、某・本州最北端の素敵な経

営者さんに電話して、谷口さんのブログのネタの作り方の話しも聞けたり、

そして!!

涙!欲しかった!トラサバTシャツをいただきました!!

201307040905_1.jpg


幸せな1日、お役に立ちたいと勇んで八戸に来ましたが、

感動をいただき、心を洗われ、最高の誕生日となりました!

ありがとうございました!!









 

2013年07月02日(火)更新

7月21日!納涼怪談祭!

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


主婦や、サラリーマンの小さな起業の場数を踏むイベント「つなフェス」

月1回開催して、もう開催19回、継続1年半になりますが、

今年は、あぴねす(浪岡駅交流施設)とのコラボが多くなりそうです。


7月21日(日)には、

「納涼怪談祭」と題し、出店者は浴衣を着たり、怪談に因んだ商品を出したり

棺桶を用意して、棺桶に入る体験をしたり、

地元地域の他の団体とも交流しながらイベントを開催します!

201307020909_1-300x0.jpg



その打合せで、事務局4人久しぶりに集合しました。

201307020909_2-300x0.jpg

今回の会場となる「りんご低温熟成施設」

武家屋敷を思わせる和風テイストな建物。

中には、冷蔵庫設備があり真夏でも...

201307020909_3.jpg

雪だるまが!

若手&熟女いい大人4人の事務局ですが、テンションが上がって、

いろんなアイデアが飛び交いました!

あぴねすの館長さんがそれを見守り、永年のおつきあいの長内さんは

辛口で切り込み、イベントは多方面の協力と演出のお願いをすることに。

楽しみです!


そして、帰り際、サプライズが!

201307020909_4-300x0.jpg

34歳....ん?あれっ?...まっいいか。

...の誕生日のケーキを用意してくれていました。

201307020909_5-300x0.jpg

ありがと!!








 

2013年07月01日(月)更新

コラボレーション

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


一昨日、とても観たかった映画「Life of Pi」をDVDで観ました。

http://www.foxmovies.jp/lifeofpi/

ストーリーの面白さと、映像美に何度も涙がこぼれました。

「パイ」と呼ばれている青年がトラと漂流する話しなのですが、

想像していなかったストーリーテリング。味わい濃い話しです。

島に漂着する直前のもうダメ?!というシーンは、ボロボロ大粒の涙。

久しぶりに感動の涙で泣いてスッキリしました。

何かを学ぶというよりも、心に浸透する感動が大きな映画です。

そして今年観た37本の中ではNO.1。

この映画は、トラと青年の漂流海上コラボレーション!とも言えるのでしょうか?

命の瀬戸際にあって、人知を超えた疎通がトラと主人公の間にあったのですが、

この2日間は、私の大切なクライアントさんと、大切なイベント仲間がコラボした

素敵な2日間となりました。

まずは、本当に良くして下さったクライアント様にありがとうと伝えたいです。


さて、どんなコラボだったかと言うと、

パン屋さんでのインストア・イベントで...
201307010314_1.jpg201307010314_2.jpg

201307010314_3-300x0.jpg

イベントに因んだ商品もあるけど、

いつものようにおいしいパンが並ぶ店内。

201307010314_4-300x0.jpg

201307010314_5-300x0.jpg

可愛いテディベアも並び、切り絵をする人もいて、賑やかになりました。

201307010314_6.jpg

初日、盛り上がって無事終了。

それからが本番?

本店から来て下さった専務さんと店長さん一家にすごい!おもてなしをしていただきました。

201307010314_7-300x0.jpg

201307010314_8.jpg

バチが当たらないか不安になる程の、豪華すぎる食卓。

ウニは、動いています。

お酒も、特別に取り寄せていただいた高級酒が勢揃いし....

深夜まで宴会は続きました。

翌朝5時から出勤だというのに、本当にありがとうございました。

スマホもメンテ出来たし、少しホッとしました(私事です)

4時から青森でセミナーをする予定があり、朝9時に先に帰ったのですが、

お店に思い切り忘れ物をして...また来ます(苦笑)



家に戻ってから、お腹がすいたので....


201307010314_9.jpg

「吟なりあつ」という米粉入の極上食パンをいただきましたが、

表面は香ばしくカリカリ、中はモチモチで美味しかった!!です。


201307010314_10-300x0.jpg

 

20141009bnr.jpg

会社概要

東京都世田谷区出身。 25歳で青森県の津軽に嫁ぐ。津軽弁もまったく聞き取れず、友達もゼロからのスタート。 銀行員の夫の転勤先々で地元小売店の販売促進を手がけ前年比400%などの立て直しに成功し、 中小企業支援センター所長に指導講師としてスカウトされる。青森県各支援機関の専門家として活躍。...

詳細へ

個人プロフィール

東京生まれ。小中静岡でのびのびと育ち、高校から再び東京で熟成。21歳大学在学中に「社長」の空気を吸ってみたくなり、「MEDIAMaker(メディアメーカー)」を立ち上げる。「就職人事部長レポ」「男を上げる渋谷バー」など、「今すぐ必要な情報だから買わないとヤバい」コンセプトの自主メディアを作り現...

詳細へ

<<  2013年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧