大きくする 標準 小さくする

2013年09月21日(土)更新

イベント出店での売り方考察

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。

 今日は、大湊のイベントに、「みやののぱん」が出店するので、
イベント販売の売り子として加えていただきました!

このイベントは「インデァンの戦闘食」と言われたアピオスをお披露目するためのイベントでもあり、各店アピオスの食材提供を受けて商品を作って販売します。

【目標販売数!】

アピオスを使った7種類のパンと南瓜パイ計600個

201309212244_1-300x0.jpg

大間マグロバーガー(バンズも手づくり、こだわりのグルメバーガー)

201309212244_2-300x0.jpg

200個!
を完売すべく、目標売上げ15万円の気合いの参加!
店長がまぐろ一筋の手ぬぐいを準備してくれて!大間っぽく変身?
似合わないと酷評され、バンダナ風に巻きました(笑)

201309222354_1-300x0.jpg

【目立つ売り場!】

売り場づくりOK、大漁旗目立つー!

201309212244_3-300x0.jpg

気合いOK!

201309212244_4-300x0.jpg

【声出し重要!】

マグロバーガーは、
本日限定
限定200個
大間の本マグロ入
生のアボガド入で美味しい!
作りたて!

人がいない時は叫ぶ!
人が集まったら接客専念。の繰り返し。

声を出して活気を感じてもらわないと、スルーされちゃう!

大間のマグロは、知名度もあり、高級品というイメージもあり、
興味を持ってくれているので、もの珍しさでも、存在に気づいてもらえれば
十分売れます。

「友だちの誕生日に大間のマグロ食べさせる代わりに」

と買ってくれたお客さまもいました(笑)

【売込みではなく、自分の言葉で説明】

一般のパンは

アピオス入、
サービス価格で一律120円

と叫び、対面では、

「今朝たべてきたんですが、
これと、コレ、私は好きなんですよ。」

「お腹いっぱいでも、これは、食べられちゃうんです。」

と主観を交えて話すと、大体6種類の中から2コか3コを選んで勧めた物を買ってくれます。

【フロント商品を準備】

最初は客足が無かったのですが、お店から持参した、サービスパン5コ200円のパック20個を販売したら、次第にお客さまが集まって来ました。

「安い!」を切り札にお客さんに興味を持ってもらい店に集まってもらうための、フロント商品です。

そして、昼近くなり、お客さんがグッと増えました。

【POPは重要!】

お客さんの行動パターンを観察すると、
遠目で見えるPOPで大体を把握し、何となく近づく、
そして、
商品説明を書いたプライスPOPに目をやる。
多くのお客さんは、どんな商品か、POPの説明書きを真剣に読みます。

201309222348_1-300x0.jpg


201309222348_2-300x0.jpg

対面でも、説明書きは重要ですね。
お客さんって、売り込まれるのがイヤだから。

説明を読んだタイミングを見計らって、補足説明で話しかけると
聞いてくれます。

そして、

600個のうちの5分の3くらい売れたかな?
という時、既にイベント終了の1時間前を切っていました。

【イベント終了間際の値下げ】

売れ残るとヤバい!
という店長の機転判断で、終了30分前から、5コ200円の最終サービスタイムに切り替え!

「最終セールです!1コ120円のパンを、なんと5コで200円!」

と、叫ぶと、お客さんが寄って来て
5袋買うお客さんも!
追い込み成功、ほぼ、売り切りました!

【結果】

目標の15万には、あともう少し!及びませんでしたが、
最初の目標設定の10万は遥かに超え!
やり切った感はありました。


【イベント出店は、商売の宣伝】

「どこのパン屋なの?」
多くのお客さんに聞かれました。

お店の場所や、店名を説明すると、あーあそこ!

来店した事の無い、新規のお客さまばかりです。

そう、イベントは、宣伝に最適!
新しいお客さんに、お店の存在をアピールできます!

商材があれば、イベント出店は売上げの伴う宣伝の機会です。

【はぁ~充実の1日終了】

昼を食べていなかったお二人の食欲たるや...!2人前をぺろり!
昼抜きもイベントの醍醐味!?


201309222348_3-300x0.jpg


そして、無事帰宅。
戻った自宅で、ゆっくり。お疲れさまでした~!


201309222348_4-300x0.jpg













 

2013年09月16日(月)更新

超ほんもの 青森観光ルート3



こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


日曜日は!まぐろだでぃぃぃ~!!

昨年初めて参加して、めっちゃ面白くて感動したので、

ぜひ荒井さんを連れて行きたいと、

実はこのイベントに合わせてセミナー開催を考えていました。

更に江畑さんも一緒に参加できて、岬さんも一緒で盛り上がる事間違いなし!

到着したらすでにスゴい人!人!人!

201309161918_1-300x0.jpg


さて、大急ぎで向ったものの、遅刻してしまい、

宮野専務が私たちを待って、スタートを延ばしてくれたという...スミマセン!

最初は、神様に捧げる太鼓とマグロの舞(大笑)!

何と大間の町役場の2人が演者!

こんなに面白くってステキな役場職員って!!

201309161918_2-300x0.jpg
201309161918_3-300x0.jpg

1本目9:30からの回は、フジテレビが取材に入っていたのですが、解体の最初のマグロの頭を切る作業になんと!荒井さんが選ばれて壇上へ!!

201309161858_1-300x0.jpg

201309161858_2-300x0.jpg
レポーターのマリアさんと入刀!

その後は、解体したマグロをカットして、
販売&定食として会場で食べる事も出来るのですが、試食が出来るのです。

201309161858_3-300x0.jpg
中落ちをスプーンで削ぐ体験もできたり、

201309161858_4-300x0.jpg

201309161858_5-300x0.jpg

201309161918_4-300x0.jpg

↑江畑さん、楽しそう(笑)

↓バンズから手作りのマグロバーガーも売っていて

201309161918_5-300x0.jpg

新鮮じゃなければ絶対に食べられない、コラーゲンを食べさせてもらって!
めっちゃ楽しい!

201309161918_6-300x0.jpg

大間女をの代表格、蝦子さんの作るTシャツ!
忙しそうだったので、今度別注でお願いしよう!

201309161918_7-300x0.jpg

蝦子さんのご家族が穫った5000万円の大型マグロの記念大漁旗とパチり!
201309161918_8-300x0.jpg

お願いして船にものり込んでパチり!(快諾ありがとうございます)
201309161918_9-300x0.jpg

マグロの舞のみんなとパチり!
201309161918_10-300x0.jpg

おいしいマグロや新鮮すぎるイカを食べて

201309161918_11-300x0.jpg

なんて、やっていたら、午後は地元テレビ局が取材に来ていました。

201309161918_12-300x0.jpg

(爆笑)なんと午後は江畑さんが唯一の独身女性だったために 壇上に選ばれ、まるでタレントのように場を盛り上げました!

201309161918_13-300x0.jpg

201309161918_14-300x0.jpg

楽しかったぁ~!大間の皆さん、宮野専務!本当にありがとうございました!
無事荒井さんは青森空港から飛行機で東京へ戻り、

201309161918_15-300x0.jpg
201309161918_16-300x0.jpg

江畑さんの夜行バス出発のリミットまで岬さんと3人で
レストランで食事をして、ピアノの生演奏を聴いて...
笑いとほろり涙の楽しい女子会後
8時50分発の夜行バスで東京へ帰りました。

青森縦断弾丸ツアー終了!







 

2013年09月16日(月)更新

超ほんもの 青森観光ルート2


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。

東京から、嬉しいお客さまが遊びにきてくれて2日目。

遊びにっていうか、今日は目的であるセミナー仕事

「地方でも確実に商売が成功する6ステップ」のことば力編の3回目最後。

セミナーは1時半からだったので、ランチがてら、青森で一番落ち着く純喫茶「マロン」で、ランチ。

201309161817_1-300x0.jpg
201309161817_2-300x0.jpg


セミナーは、荒井さんの才能、にプラスして、彼の魂が込められた素晴らしい内容でした。

201309161817_3-300x0.jpg

セミナー終了後、1時間程は名刺交換や質問で荒井さんが拘束され(笑)

さあ!いざ!風間浦へ!

青森からは片道3時間の道のりです!

201309161841_1-300x0.jpg

途中、寄り道(笑)ここは、浅虫手前にある地元では有名なシェーク店。

変わりダネシェークがたくさんあり、どれも美味しい!

青汁、青しそ、クルミ、甘酒....

さっ、まだまだここから長い道のり!

段々外も薄暗くなって来ました。

むつ市では、「みやののパン」店長がパンを携えて待っていてくれました!

201309161841_2-300x0.jpg

店長一家とパチり!

で、3時間かかって風間浦に到着!

わいどの家という、総ヒバのログハウス。

社長の村口さんはもう、酔っ払って、荒井クンに悪態ついていましたが(笑)

大間から宮野さんも来て下さって!

201309161841_3-300x0.jpg
201309161841_4-300x0.jpg

父娘?歳の差カップル?江畑さんと宮野専務。

201309161841_5-300x0.jpg

楽しくAM1時過ぎ迄飲みました。翌朝!9時半からの「日曜日はまぐろだでぃぃ~」に間に合うように大慌てで支度して(遅れましたが)

最後にパチり!
201309161841_6-300x0.jpg
201309161841_7-300x0.jpg
201309161841_8-300x0.jpg

宮野専務さんも、村口社長も、地域の中心となっている地位もあるとても忙しい方たち。それなのに、こうして、私たちを温かく迎えてくれて、本当に感謝です。
お世話になりました!さて、今からマグロまつり!!だでぃぃぃい~!!



 

2013年09月13日(金)更新

ほんもの観光ルート


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


東京から、今回は2人も素敵なお客さま!

201309161619_1-300x0.jpg

1人は、今回が第3回で最後のセミナーとなる「ことば力」講師のコピーライター荒井氏。

201309161619_2-300x0.jpg

そして、今回!荒井氏が元いた会社での後輩で、今や若手No1の江畑さん。

201309161635_1.jpg

荒井さんのセミナー参加も兼ねて、夏休みを取って来てくれたのです。

これは、もう、とってきの青森ツアーを組まなくては!

地元超ローカルスーパー「食祭館中谷」経営のクライアントさんでもあり大切なお友達でもある大場さんが、案内してくれる事になったのです!


201309161625_1-300x0.jpg

最初は、ここへ。

201309140044_1-300x0.jpg

ここは、むつの恐れ山と並ぶ、いや、むしろこちらの方が濃いかも、という霊場、金木にある川倉 「賽の河原」。

コワすぎで、中の写真は撮影できません!!!

ここは実は、親より前に先立った子供を供養する地蔵尊で、
防空壕のような閉鎖空間に、数え切れない、花嫁と花婿スガタの日本人形が並び、
亡くなった子が結婚するような年齢になったら、夫婦になるよう、人形をまつるとい
う独特の場所。

悲しくもあり、切ない空間に心重くなって出て来ると、詰め所のおじちゃんはとても
明るくて、少し気持ちが楽になりました。

そして次は、定番「斜陽館」。
201309161619_3-300x0.jpg

太宰治の生家です。
ここは、空間的には本当に洗練された、懐かしい感じのする心地よい場所。
201309161619_4-300x0.jpg

何か心や安らぎます。
ちょっと小腹も空いて、お土産物店の前に軒下露店を出店していた「きむら農園」のババヘラアイスを食べる事に。
201309161625_2-300x0.jpg

中身、林檎シャーベットアイスですが、100円!安い!

201309161632_1-300x0.jpg
店主木村さんとも仲良くなり、薄暗くなる迄話しも弾み!

201309161632_2-300x0.jpg

201309161632_3-300x0.jpg

なんとりんご木箱にサインまですることに(笑)宍戸開の上に重なっています(笑)
大場さんにはお土産「中谷のタレ!」までいただき、

201309161810_1-300x0.jpg

帰路へ

お腹も空き、青森市にある焼き肉一番店!「大同江」で
モリモリ焼肉を食べて明日のセミナーに備えました。

201309161632_4-300x0.jpg


明日につづく







 

2013年09月10日(火)更新

突発的な仕事はサプライズいっぱい。


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


「常田さん、明後日の話しなんですけど、」
と、連合会でいつもお世話になっているYさんから連絡があったのは3日前。

Yさん、申し訳ない感じで説明してくれるので、何だか内容不詳なまま、
時間調整がききそうなので、仕事を引き受けました。

11時半に弘前の仕事を終え

201309101137_1.jpg

この靴カッコいいなー欲しい♥

201309101137_2-300x0.jpg


木漏れ日の、緑がまだ美しい、山奥を走り抜け、
現地着の際には、急カーブの運転にヘロヘロでしたが、
K課長にランチをごちそうになり、
新入職員のKさんと初対面し、
疲れも癒されスタート!

ここに1ヶ月間、特産品を並べて販売するのだそうです。

201309101137_3-300x0.jpg

正面は、目立つ様に布を変え、目に留まるように、

201309101201_1-300x0.jpg

棚の前にお客さんが立った時に商品がそちらを向く様に、

201309101201_2-300x0.jpg

POPや、プライスは、入口に足を踏み入れたこの位置からでも、見える大きさに

201309101201_3-300x0.jpg

事実をメリットに変えてPOPに書きます。
201309101201_4-300x0.jpg

などを踏まえたディスプレイと作成をしました。
これは、永年のお付き合いのクライアントさんの商品
これは、親しい友人パティシエのケーキ

201309101201_5-300x0.jpg

やはり、商品や社長を良く知っているとPOPの表現も幅が出ます。

201309101201_6-300x0.jpg


途中、この道の駅の社長さんから差し入れを頂きました。
アイス片手に作業にいそしむKさん。
とても仕事をテキパキとこなすホープです。

201309101201_7-300x0.jpg
201309101201_8-300x0.jpg


そして、K課長...ソフトクリーム姿は若干違和感を感じますが、早朝からこの事業の為にカラダ張ってますので、しばしブレイクタイム。
中腰でPOPを書いていると、イスを持って来てくれたり、周りにも気を遣ってくれていました。

201309101201_9-300x0.jpg

ここで、嬉しいサプライズが2つありました。

1つは、ずっとニアミスでちゃんと名刺交換できずに居たEさんと、やっとお会いできた事、
職場が近いので、連絡したら、仕事の合間に寄ってくれました。

また、作業途中、顔を上げたら、たまたまそこに毎日新聞社のSさんが水を買いに入ってきて、驚きの対面!お互い滅多に来る事の無い場所なのに、奇跡的な偶然です。余りの驚きに笑いましたが、夜また青森で合流(笑)

この道の駅の若手I専務、私の尊敬する堀義人さんをご存知だという事も分かり、
ちょっと親近感も感じたり、

こうした嬉しいサプライズも含め、まだ、もう少し手を加えたい所ですが、
お仕事終了

本日最後は、ベジめし打ち上げ、でした。関わった皆さん!一日ありがとうございました!

201309101201_10-300x0.jpg







 

2013年09月02日(月)更新

私はコレで、これを買いました。パーフェクト売り場POP!

こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


先日出張の際、大満足の買いものをすることが出来ました。

現在愛用中のコレ。

201309021317_1-300x0.jpg


この買いものの流れが、パーフェクトなチャネル(売現場)・マーケティングそのものだったので一挙ご紹介!



私は朝晩の洗顔とこのローション以外、全く肌のメンテをしません。

化粧も下地メークは極力したくない。


だから、お金を払ってもラクしたい派ではあったのですが、

今まで使っていたローションは1本6千円。

購入の際に毎回ちょっと躊躇する金額でした。

ところが!

これは1,980円!

もちろん、もっと安いローションは沢山ありますが、

私の中の基準に合わないものばかり。

付けると肌にヒリッと何か良く無いものを感じたり、
エタノール臭があるものはパス。コうるさい私。

「良さが実感できない」う~ん、実際いいのかなあ?

「価格で品質の良さを納得していた」高ければ間違いないだろう

というのが正直なところ。

化粧品業界の思うツボ、なのでした。

そんな中、目に飛び込んできたこのコーナー。


201309021258_1-300x0.jpg




「神のしずく!」お~インパクト強い。

※通称ってのが良いよね。
自分で言ってるんじゃなくて、誰かが勝手に付けたってことでしょ?

さりげなく、うまい...


そして、どうやら私の基準を満たしていそう...

201309021258_2-300x0.jpg

コレは、一般的に良いものこだわりの天然ものとされている高級化粧品の業界基準で女性なら誰もが分かる価値基準。

そして、
具体的な事例。

201309021258_3-300x0.jpg

漁師町って書き方、別に漁師っていう訳じゃないのに、
そうか...漁師って言えば日差し浴びるもんなーキツそう。って自然と
イメージを重ねてしまいます。

なんて上手いんだろう...


絵が浮かぶ具体事例....重要です。
絵が浮かぶかどうかで決まります。

そこへきて、この決定打!

201309021258_4-300x0.jpg

今を逃すともう手に入らないかもよ!
いわゆる希少、緊急、限定性です。

すごい!パーフェクト。

私の場合はこの後、サンプルを手に取りましたが、


ここでもうひとつ決定打2連ちゃん!

1.ハーブの香りが とある、ドイツ初の3日で肌をターンオーバーさせるという伝統療法施術のハーブの香りと同じ。

2.トロンと、とろみのある液体。

商品自体が、普通のローションの予想を見事に破り、
五感で違いを感じ取ることの出来る商品なのです!

しかも、知る人ぞ知るドイツ伝統療法の香りと同じ。
信頼やブランドのあるものにあやかるという高度テクニックですが、これは知ってか知らずか....。


そして、安い。
安いから、粗悪なのでは?という機会損失を見事に払拭して

マーケティング的にはパーフェクト!
商品ありき、にも合致するのでハナマル100点満点!

久しぶりにスカッと爽快!プロの血が騒ぐPOP販促でした。

あっ、
実際つかっていますが、本当に良い商品です。

201309021317_2.jpg

現在八戸のセプドールさんに仕入れをお願いしています(笑)

 

20141009bnr.jpg

会社概要

東京都世田谷区出身。 25歳で青森県の津軽に嫁ぐ。津軽弁もまったく聞き取れず、友達もゼロからのスタート。 銀行員の夫の転勤先々で地元小売店の販売促進を手がけ前年比400%などの立て直しに成功し、 中小企業支援センター所長に指導講師としてスカウトされる。青森県各支援機関の専門家として活躍。...

詳細へ

個人プロフィール

東京生まれ。小中静岡でのびのびと育ち、高校から再び東京で熟成。21歳大学在学中に「社長」の空気を吸ってみたくなり、「MEDIAMaker(メディアメーカー)」を立ち上げる。「就職人事部長レポ」「男を上げる渋谷バー」など、「今すぐ必要な情報だから買わないとヤバい」コンセプトの自主メディアを作り現...

詳細へ

<<  2013年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

コメント一覧