大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ほんもの観光ルート

投稿日時:2013/09/13(金) 23:27rss


こんにちは。

「人生で醍醐味を感じられる商売づくり」繁盛デザインの常田アキエです。

ブログ読んで下さってありがとうございます。


東京から、今回は2人も素敵なお客さま!



1人は、今回が第3回で最後のセミナーとなる「ことば力」講師のコピーライター荒井氏。



そして、今回!荒井氏が元いた会社での後輩で、今や若手No1の江畑さん。



荒井さんのセミナー参加も兼ねて、夏休みを取って来てくれたのです。

これは、もう、とってきの青森ツアーを組まなくては!

地元超ローカルスーパー「食祭館中谷」経営のクライアントさんでもあり大切なお友達でもある大場さんが、案内してくれる事になったのです!




最初は、ここへ。



ここは、むつの恐れ山と並ぶ、いや、むしろこちらの方が濃いかも、という霊場、金木にある川倉 「賽の河原」。

コワすぎで、中の写真は撮影できません!!!

ここは実は、親より前に先立った子供を供養する地蔵尊で、
防空壕のような閉鎖空間に、数え切れない、花嫁と花婿スガタの日本人形が並び、
亡くなった子が結婚するような年齢になったら、夫婦になるよう、人形をまつるとい
う独特の場所。

悲しくもあり、切ない空間に心重くなって出て来ると、詰め所のおじちゃんはとても
明るくて、少し気持ちが楽になりました。

そして次は、定番「斜陽館」。


太宰治の生家です。
ここは、空間的には本当に洗練された、懐かしい感じのする心地よい場所。


何か心や安らぎます。
ちょっと小腹も空いて、お土産物店の前に軒下露店を出店していた「きむら農園」のババヘラアイスを食べる事に。


中身、林檎シャーベットアイスですが、100円!安い!


店主木村さんとも仲良くなり、薄暗くなる迄話しも弾み!





なんとりんご木箱にサインまですることに(笑)宍戸開の上に重なっています(笑)
大場さんにはお土産「中谷のタレ!」までいただき、



帰路へ

お腹も空き、青森市にある焼き肉一番店!「大同江」で
モリモリ焼肉を食べて明日のセミナーに備えました。




明日につづく







 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

東京都世田谷区出身。 25歳で青森県の津軽に嫁ぐ。津軽弁もまったく聞き取れず、友達もゼロからのスタート。 銀行員の夫の転勤先々で地元小売店の販売促進を手がけ前年比400%などの立て直しに成功し、 中小企業支援センター所長に指導講師としてスカウトされる。青森県各支援機関の専門家として活躍。...

詳細へ

個人プロフィール

東京生まれ。小中静岡でのびのびと育ち、高校から再び東京で熟成。21歳大学在学中に「社長」の空気を吸ってみたくなり、「MEDIAMaker(メディアメーカー)」を立ち上げる。「就職人事部長レポ」「男を上げる渋谷バー」など、「今すぐ必要な情報だから買わないとヤバい」コンセプトの自主メディアを作り現...

詳細へ

<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧